テレビに出ている人々
いらない情報は捨てられますか?

2018年07月01日

ドコモからソフトバンクに変えるときに考える

ドコモからソフトバンクに変えるときに考えます。

まあ、とにかく、高級店から中級店になるということ。

ドコモにやめるということを連絡せずに、ソフトバンクのお店で全てはできる。
しかし使用料金の未払いがあると、ドコモに行って支払いを済ませてからになります。

ドコモをやめると1万円ほどの解約料が取られるので、それを肩代わりしてくれる。
そのお金は、約10ヶ月ほどで、月1000ほど引かれていく。解約料金は15000円くらいです。
ですから、5000円くらいは自分もちということでしょう。
お店によっては、ドコモの解約料金がわかるものを持っていくと全額返してくれるということも
あります。結局総額でどのくらいということを考えておけばよい。
ドコモで解約料金のわかる明細書をソフトバンクに送らないと返金にはなりません。
これも期限つきのようでした。


ドコモで使っていたので機械を使えるらしいが、あまり得策ではないらしい。
新しいのに変えてもあまり料金はかわらないから変えることになります。
これはお店の、戦略かもしれない。機械は、2年くらいで、充電の機能が落ちてくるらしい。

まあ、月に数千円ほどは安くなりそうです。

使える、5GB,20GBくらいでいいと思う。それを1G,2Gにしても他の部分で高く設定されるので
あまり変わりなくなる。

それから、ソフトバンクは最近、ホワイトプランはやめている。

ほぼ、下取りをしてくれての見積もりを出してくる。

あんしん保証プランを、最初から乗せてこないお店と、込みで出してくるところがある。
ソフトバンクのお店でも微妙に違う。

よく注意してから、契約しましょう。

ほぼ、4年が機械の返済期間みたいです。
それから、2年経つと新しいのに代えられます。

追記
あまり、使いづらいということはなく、使えています。





ドコモからソフトバンクに変えるときに考える。

[注意]
同じソフトバンクの支店、2,3店で見積もりを取ってみましょう。
100円違いがあると、2年で、2400円、4年で4800円の違いが出てきます。
posted by papajan at 12:20| 東京 ☀| Comment(0) | あれこれ携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つまらないサッカーを見せてくれました イヤミ

つまらないサッカーを見せてくれました イヤミ。

先般のポーランド戦ですが、どうなんでしょう。
しょうがないやというところが、ほぼ大多数の意見でしょう。

決勝トーナメントに進めばお金がガバッと増えるからしかたないかもね。

しかし、子供がみたら、なんなんだろうということになる。

まあ、清らかな子供の心に疑問を持たせるには充分な試合ではあった。

さて、こうならないために最善の努力をすれば良い。
他の会場の経過を知られないようにすること。要するに、監督、コーチ、スタッフ、関係者一同
試合中は携帯、スマホ類は持たせない。これでとりあえずは情報を遮断できる。
しかし、客席の客まではできない。そうなると、お客と選手が、ジェスチャーで教えるどいうことになる。
どうだろうね。

W杯ももう少し考えたらよい。

また、VARもやりすぎるとつまらなくなる。試合が止まるとつまらなくなる。


まあ、我が日本は、次のベルギー戦で勝たなければ、払拭できない。
過去のベルギー戦を見てみると、時代によってかなり違う。3-0とかで勝っていることもある。
しかし、現状は強そうだ。よほどの戦略を練らないと足元にも及ばない。

7月3日は、トロトロサッカーが良かったのか、悪かったのかの結果がでる。


つまらないサッカーを見せてくれました イヤミ。
posted by papajan at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。
テレビに出ている人々