いらない情報は捨てられますか?

2009年04月20日

カンブリア宮殿をみてみたら?

カンブリア宮殿をみてみたら?

つまらない
てばなしで つまらない
わけではなく

役に立つ こともあった
しかし 全般的に 重苦しい

加*電子 という会社の社長のお話でした


よくある ストーリーですが

成り上がり きれいな 

しかしなあ


たとえば
最初に社員が言っていた
<それはいえない>
とか 企業秘密契約 ちょっとちがっているか?

家電専門店で このメーカーの製品は
どこの部品が使われているのですか?
と 聞いたら どうなんでしょう

くらいにしか 答えは返って来ない

メインの部品メーカー 5個くらいは
公表してほしい

それによって 買う とき 選ぶ判断材料になる

消費者をまったく 理解していない
といってもいいのでは

それから 司会者は
もう これからは メーカーは要らないのでは
とか 極端じゃないのか

商社がメーカーをやれるから
という発想なんだろうけれど

この司会者 メーカーの存在を価値を
認めたくないような

やっぱり
こんな 番組は みたくない


posted by papajan at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メモっ得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。