五木寛之 週刊誌に2ページほど | テレビに出ている人々
いらない情報は捨てられますか?

2016年06月14日

五木寛之 週刊誌に2ページほど

五木寛之 週刊誌に2ページほど

読んでみたがつまらない。
作家というのは嫌いな職業ですが
サラーっと読んでみたら
隣で食事していた家族ずれの様子を膨らまし膨らましして
2ページにするもんなんだ、くらい。

言いたいことは、家族みんながスマホなんかをやっていて
会話が全くないことに残念?がっている都いう内容。

まあ、それはそれで、私も正しいんじゃないかと。
しかし、現実は見ての通り。

しかし、文章は読みやすい電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
、案外週刊誌の記事からこの作家は
どんな本を書いているのかなと気になる。
やがて、作家の本を漁るようになる。
週刊誌は広告の材料の一つなのか。これで私の文章に
興味を持って1冊でも多く買ってくれたらありがたい、か。

この週刊誌セールスウーマン? は○し○り○だと思う。
時々テレビに出てきて、飲んだくれの潰れた顔で出ている。

五木寛之 週刊誌に2ページほど。追記

サライという雑誌をよんでいたら
五木が、シカゴに旅していたことが書いてあり
高級店に入り、食事したことが書いてあったが

連れて行った人が、男性と思ってよんでいたら
会話の内容が、女性の言葉だったりして
どっちやねんということでした。

ナプキンを間違えて持って帰ったことに
こだわりがあり、いろいろ書いていたが
それほど、真面目な性格なら

送り返せばとも、思う、しないのなら
ただ、失敬した、そこら辺の
ぼくと、変わりはしないのか。

だから、先生とは、呼ばないよ。



posted by papajan at 18:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。
五木寛之 週刊誌に2ページほど | テレビに出ている人々