ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり | テレビに出ている人々

ブログトップページへ (この下に以下の記述を追加)
テレビに出ている人々 Top > 日記 > ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり
テレビに出ている人々 Top > 日記 > ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり

2016年12月21日

ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり

ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり。

これは、基本的に、警察とASKAの問題である。
まあ、外野がガァガァ言ってるわけ。想像でしか
いえないが。

一度逮捕されている。その時がどうだったかはよく知らないが
その時の取り調べ、など、ウラミが今回の行動に結び付いていると思われる。

まあ、覚せい剤は良くないわけで
本当にやめようとしているのであれば、茶ごまかしとかやらないだろう。

警察も手落ちだな。誤魔化されるなんて素人か?
不起訴は警察にとっては、落第点だろう。仕事が甘い。

どちらの見方もしたくない。

どちらも、自分のことを良く考えれば良い。

覚せい剤で捕まってるのは、全国でたくさんいるだろう。
1タレントにこれだけ注目することもないだろう。
テレビも面白おかしく1時間も番組で流すこともないだろう。

一番大事なことは、覚せい剤をやめるようにする、システムを確立すること。
刑務所に入れても再犯率が高いので別の方法を考えたら良いだろう。

有名タレントが捕まえられるタイミング、これはどうだろう。

忘れた頃に、ポンとでてくるね。覚せい剤撲滅のために定期的にやっているように思える。
ある程度、次に捕まえる有名タレントは決まっているのだろう。

一気に4,5人くらいは捕まえられるのだろうが。

覚せい剤は、輸入されてくるのだろうが、最近はその辺りで
捕まったとか聞かなくなったね。その辺りでプロヘッショナルなチームを組めば
撲滅に近くなるんじゃないか。
とにかく、一人ひとり捕まえるより、元をたたなきゃどうにもならない。

ASKA問題をどんな風に考えていけばいいのかわからないことばかり。
posted by papajan at 08:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。 悩める人へのメッセージ ENGEI グランドスラム 呼吸 .pankuzu { color:#D97B65; font-size:12px; text-align:left; padding-left:23px; padding-right:0px; padding-top: 5px; padding-bottom: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 10px; margin-left: 0px; } .pankuzu a { font-size:12px; color:#D97B65; }