いらない情報は捨てられますか?

2017年09月26日

橋田壽賀子 安楽死を語る どうかなぁ

橋田壽賀子 安楽死を語る どうかなぁ。

ちらっと見ただけだから、なんとも言えないが。

これだけの方がこれかよ、と思える。


安楽死は、植物人間になったら、考えてよいくらいじゃないか。

口もきけて、意思が通じているなら、安楽死はないだろう。

外国の安楽死のセンター見たいのを放送していたが

これは、良さそうで間違いだろう。殺人に限りなく近い。

橋田さんは安楽死志望らしいですが、これほどの方がこれかよって。

安楽死を望む人は、将来の不安からくる。

周りにいる人たちも、かなり疲れきってくる。

このほんの小さな固まりだけで、考えてはうまくいかない。

ほかに生きる意味などを、明るく語り合える人が近くにいれば

死にたい、安楽死したいとは思わなくなる。

しかし、熟練した人間が必要になる、それには、行政、ボランティアなどが

活躍できれば、人の気持ちはかわる。人の気持ちを変えられる

そんな優秀な人材を育てるところに、お金が注ぎ込まれていかなければならない。

橋田さんには見損なった。家族や親戚のことも喋っていたが

どうなんでしょう。

読者が残念がっているだろう。まず、成功した人の悩みなんでしょう。

見るからに、優秀である。ほかの人に迷惑をかけたくないと。

歳をとったら、ほかのひとに、迷惑をかけて当たり前の精神を持ったらいいのに。

お金があるからそういう考えになるんだろう。迷惑をかけたら、ゴメンねの精神を

持っていれば、それほど、嫌がられないよ。

作品は、嘘つきだった??? 家庭がハッピーで終わる。
作品は、自分のこととは違うんだろうが、どうも小説って好きになれないなあ。

優秀だから悩むんだろうね、仕事が減ってきて落胆したとか
このお歳で、仕事が一つでもくる、それをこなすだけでもすごい。

しかし、仕事ができなかったら、仕事を途中で投げ出してしまって
ゴメンなさいというのは一度もなさそう。こういうゴメンなさいを
数多く経験していれば、安楽死なんて、思いつかないだろう。

90歳なのだろうか、えらいお元気ですね。

エンディングノートも喋っていましたが、何やら寂しそう。

これは嫌いです。突然、死んじゃって、ハイ、お終いでいいでしょう。

死んだ後のことを考えてどうこうするのは、子供のため、世間のためなんだろうけど

あんまり考えにすぎないほうがよい。

気楽に生きていこうよ!! 長生きしてください。



橋田壽賀子 安楽死を語る どうかなぁ。
posted by papajan at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。