いらない情報は捨てられますか?

2019年05月28日

川崎殺傷事件に思う

川崎殺傷事件に思う。

本当に無残な事件である。亡くなられたかた、負傷されたかたは
かわいそうでなりません。

原因をつかんで、取り除いていけば、こんな事件は無くなるはずです。

しかし、ときどき、最近では度々起こるようになってしまいました。

アメリカや、ニュージーランドなどでも起こっていたりします。
しかし、原因は、宗教問題など、その国そのくにの事情がありそうです。

この日本では、どうなんでしょう。

他の人も引き連れて、自分も死んでしまおうというのは
身勝手なやつだ、と一言で片付ける風潮がある。
そういう風だと、延々にこういう事件は後を絶たない。

テレビで評論家などが、偉そうにこう喋って終わりみたいなね。

誰にでもしのびよる事件なので、もっと真剣に考えないといけない。

僕が、考えるに、社会が、うまく機能していないのではないだろうか。

こういう犯人の予備軍は数万人はいるだろう。

こういう人を救っていくシステムはできていないのが現実ではないか。

お昼のニュースを見ていたら、川崎市の市長のコメントを代読していたが、
かなり大きな事件で、本人が、出てきてコメントすればいいのにと思う。
コメントを代読させるなんて、そんなに。





川崎殺傷事件に思う。


追記 5/29
よく出てくる精神心理関係者など、全く当たり前とことで何の解決によならない。
常に分析、新しい資料の読み漁り、こんなことばかりやっていそうで
本当の解決方法は見いだせないだろう。
また、最近売れてる落語家コメンテーターは、深く考えて解決の道を探さなければならないと。
もう少し深く考えた結果は出ないのかと。

僕が考えるには、この犯人は、家庭の事情が複雑である。
報道によると、祖母が頑固で、親を別れさせた、という。
ここが一番問題だと思う。この両親は、祖母と別れて、離れて
子供とともに、別の場所で暮らしたほうがよかったのではないだろうか。
そうすれば、家庭の温かさを持った良い子ができたのだろう。

離婚に至るくらいだから、小さい頃から脳裏にマイナスイメージが
満杯になっているはず。これを癒してくれる人が、誰もいなかった。
巡りあえなかった。こういいところにも、手が届くようにしたら
こんな事件は少なく、いやなくなる。

テレビで近所の人のインタビューを聞いてみると
おかしい。
いつも挨拶をしない人が、挨拶をしたと。
ちょっと変わっているから、あなたも挨拶を避けていたのか。
世間話の一つでもしたらよかった。

僕も近所ではできる限り挨拶はするようにしている、が
優越感に立っている人、立とうとしている人は見向きもしない。
これが、田舎になると、村八分という風になり、相当なものになる。

解決方法。
これはかなりむづかしい。
一言で言えば、問題は祖母である。かなり頑固で自己中心的である。
両親は強制的に離婚させられたらしい。このときに祖母と別居すればよかった。
これをずるずると同居したから、めちゃくちゃになり子供は脳が最悪の結果に
なったと思われる。

強制的に離婚までさせる祖母、ここが一番の原因であると思う。

ネット上で突然でてきたきちがいとかいっているものがいたが
はなはだ検討ちがいもはなはだしい。

子供は学歴の上でも歯がゆい人生を送ってきたのではないか。

病気と言うレッテルを貼ればはれるのだが
薬でからだがだんだんとダメになってくる。

今、精神の病は解決方法のベストがみいだされていない。


ネット上では、想像で書き込みがほとんどであるが
ほとんど意味がない。現実にいま似たような境遇の家庭の人たちが
声をあげるべきだ。




posted by papajan at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。