恐ろしいアメリカのインフルエンザの死者数など 新型ウイルスの比ではない | テレビに出ている人々
いらない情報は捨てられますか?

2020年02月09日

恐ろしいアメリカのインフルエンザの死者数など 新型ウイルスの比ではない

恐ろしいアメリカのインフルエンザの死者数など 新型ウイルスの比ではない。

CDC発表によると
去年10月からいままで。



ーーー以下、抜粋ーーーーー
CDCの推計値では、1日までの1週間で患者数は300万人増加し、昨年10月以降の累計で2200万人となった。インフルエンザのために21万人が入院し、死者数は1万2千人に達したとしている。今年は子供の症状が深刻化するケースが多く、すでに小児の死者数は78人となった。
ーーーーーーーーーーーーー

これから類推すると
1ヶ月の患者数は、500万人
1ヶ月の入院数は、5万人
1ヶ月の死者数は、3000人


よく考えてみよう。
今問題になっている、新型ウイルスより、かなり多い数である。
アメリカ人の入国も、規制した方が、国内の感染者数を減らすには良いだろう。


アメリカは、CDCというところがはっきりと、数字を出している
ところが良い、我が国は、数字が分かりにくい。

報道は、新型ウイルスが怖い怖いの、一点張りで
全体を見る目がない。全く日本の報道は、悪く言えば誤りに近い。




恐ろしいアメリカのインフルエンザの死者数など 新型ウイルスの比ではない。
posted by papajan at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。
恐ろしいアメリカのインフルエンザの死者数など 新型ウイルスの比ではない | テレビに出ている人々