100年に一度の危機になっているのかもしれない | テレビに出ている人々
いらない情報は捨てられますか?

2021年01月14日

100年に一度の危機になっているのかもしれない

100年に一度の危機になっているのかもしれない。


コロナは今年で終わりそうもない。
みっともないけど、マスクにフェイスシールドをつけて
行こうと思っている。

会社員の方は、毎日、通勤電車に乗って行っていると思うが
命に、関わることだから
会社を、休職したらよい。病欠でもよい。

新型コロナウイルスはタチが悪い。

感染力もさることながら、猛毒化することも心配されている。


不要不急どころか、用事があっても
出かけないくらいの気持ちでいなければならない。


買い物だけど、外国では、スーパーで買ったものを、きれいに拭き取って
いたけれど、自分もそうしていこうと思う。


コロナは収まりがつかなくなった。
中国では、新しく、死亡者が出たと言っているが
あちこちで出ているのに発表もしないのだろう。
おそらく、最初の頃は、重症者は袋に入れて火葬場に送っているニュースも見た。

しかし、そこまでしても止まらないのではないか?

欧米は、拡大の一途である、そもそもマスクをつけることに抵抗があるのだろう。
欧米人と、これから、付き合って言っても何もよいことがなさそうだ。

オリンピックを開催しようと、政府は一生懸命だが、
開催すれば、更なる感染拡大がおこるのではないか。

外国のオリンピック選手は行きたくないと表明している者もいる。


無観客で挙行しようとしている案も虚しい。




世界の人口の60%〜70%は亡くなってしまうのではないか。
本当に鉄人のような人しか残れないのではないか。


まあ、老人は仕方ないにしても、若い人は特に注意してもらいたい。
まだ先が長く生きられるはずだからだ。


東京農工大だったか、コロナを20年研究している教授が
かなり詳しく解説していた。

タレントなどの戯言はいらない。

知りたいことを、知りたいだけだ。
タレントは邪魔である。もう、Mc
のグルグル回し番組はいらない。



100年に一度の危機になっているのかもしれない


posted by papajan at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | メモっ得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログでAmazonや楽天の商品を紹介するならこのASPを利用すると10%のボーナスあり。直接やるより絶対お得。
100年に一度の危機になっているのかもしれない | テレビに出ている人々